待合室やデイケアには、色々な絵や季節ごとのお花を飾っています。その様子をご紹介します。

6月のお花たち

コロナ感染症拡大に伴う緊急事態宣言がひとまず解除され、当クリニックにも、お花屋さんの訪問が復活しました。
従来通り、受付、待合室、診察室などで、来られる方々にとって視覚的にもほっと落ち着ける場所であるように、今後も季節の花々を飾れたらと思っています。
(どうか再拡大がありませんように…。)

6月のお花たち
6月のお花たち
6月のお花たち

背景に移り込んだ反射しているものは、受付に設置しているビニールシートです。
アルコール消毒や換気も含め、引き続き、感染症対策に取り組んでいきます。

3月のお花たち

気候としては不安定ながらも少しずつ春めいてきましたが、
まだまだ感染症の問題は収束の気配がなく、誰もが不安が膨らみやすいこの頃です。

淡い色合いの、春らしいお花たちに癒されています。
心配ばかりしていると、免疫力も下がってしまいます。
小さなことでも気分転換をして、この時期を乗り切りたいですね。

3月のお花たち
3月のお花たち
3月のお花たち
3月のお花たち
2月のお花たち

クリニックの2月のお花です。春の花、春の色ですね。
立春も過ぎてから初めて、ようやく積もるほどの雪が降ったり、そうかと思えば初夏かと思うような気温になったり…。
なかなか気候が安定しませんね。

新型肺炎の状況も気になるところですが、春の花たちのやさしい色からエネルギーをもらって、気持ちは晴れやかにいきたいものです。

2月のお花たち
2月のお花たち
2月のお花たち
2月のお花たち
ポインセチアと患者さまからいただいた絵

待合室やデイケアには、色々な絵や季節ごとのお花を飾っています。

ポインセチアと患者さまからいただいた絵

ポインセチアの鮮やかな赤は、いかにもクリスマス!という感じですよね。
こちらの温かみのある絵は、以前、患者さまから院長へとお贈りいただいたものです。
そのお心遣いと一緒に、大事に飾らせていただいています。